医師が転職をするということ

医師の転職や求人について鋭く・鈍く迫っていくサイトです。

一 医師の求人と一般の求人

医師は転職においてスポーツ選手と同じような転職の仕方をします。つまり自分で細かく応募をして転職先を見つけるのではなく、代理人にあたるコンサルタントを雇って最適な医療機関を探してもらうという方法です。一方で自分のつてを使って転職をする医師も多く存在しています。

医師転職コンサルタントは野球選手の代理人に似ています。代理人は選手が求めている条件を細かく聞いてそれを叶えてくれる球団を探していきます。メジャーリーグならばメジャー契約/マイナー契約/オプション契約など、様々な契約形態を持っていて選手にとってプラスになるように契約を進めていきます。
医師転職コンサルタントもこれと全く同じで、医師が望む年収・働き場所・労働時間・当直のありなしなどを細かく病院側と交渉してくれます。一般的な職業ではここまで細かくケアをしてくれる転職サイトはないといえるでしょう。こうなる理由は医師の社会的な責任の重さと年収の大きさによります。医師一人が転職するとなると病院側も収支が大きく変わってきます。出て行くのであっても来るのであっても変動があります。それを考えると医師一人の転職が大きな影響力を持っているので、医師一人だけの転職に周囲が動くことになるのも当然といえるでしょう。

また医師転職のコンサルタントは医師が求める求人がなかったとしても、それを病院側に作ってくれるというカスタマイズを得意としています。医師と病院の双方が転職を望んでいたとしても、最適な案件だけが存在するとは限りません。そんなときに医師転職コンサルタントが病院側の医師の希望を伝えて代理交渉をしてくれます。その時には条件交渉だけをするということではなく、求人すらない病院と掛け合って雇ってもらうという大技も披露してくれます。つまり一方的に医師の意見を聞き入れて交渉するということです。確かにメジャーリーグなどではこういった手法を用いる代理人は存在しますから、交渉をするコンサルタントの腕一つで可能であるといえるでしょう。医師は医療のプロであっても交渉のプロではありません。同僚の医師から転職市場の話を聞くことはあるはずですが、細かいことまでを理解して行動することは難しいです。
このようなことを考えると「医師転職にまず必要なのは専任のコンサルタントである」といえるでしょう。コンサルタントが何をしてくれるのかを知らない医師には、この記事はうってつけだということもできます。

ニ 医師の副収入
医師は「スポット案件」といういわゆる単発のアルバイトのようなものをやって副収入を得ている人が多くいます。副業とは言うものの医師業をするというわけではありません。他の病院に出勤してその日だけ勤務し、当直を代わったりイベントの救護に付き添ったり、といった仕事がほとんどです。
医師というのは最初の研修が終わると医局に入るというのが一般的でしたが、そこで先輩方からスポット案件を紹介されるというのが伝統的な通例となっています。これは代々後輩へと引き継がれていくものですが、このスポット案件をこなすことでスポットがどんなものかを理解する良い機会となっています。受け入れ側の医局も常に体制を整えており、比較的簡単に医療機関での業務に就くがことができます。この他にも自分でスポット案件を見つけて、自分でスポットをこなしていくことも可能です。

しかしスポット案件はあくまで副業ですから、条件自体はそれほど美味しいものではありません。勤務先の医局の待遇はあまりよくありませんし、給与もそもそもが低いです。しかしこのスポット案件は伝統的に受け継がれていくものなので、付き合い上の関係で断るのは非常に難しいです。医療の世界は狭いですから、関係のこじれはそこ業界で働くことを難しくすることに直結します。なので先輩はさっさと後輩に引き継いでいい案件を探していきたいと皆考えています。
このスポット案件はキャリアを重ねてもいいスポットにつける、といった訳ではありません。何年も働いている医師であっても低い給与で当直をこなすというのがよくありますし、よくない条件でも仕事のため皆受け入れて働いているのが現状です。
こういった背景には禁煙の研修制度が改正されたことによる若手医師の不足があり、若手医師が医局に入ってこなくなったことがあります。

現在では少しでもいいスポット案件を見つけたい医師の声に答えるために、企業が独自のツテを使って医師転職サイトで仕事を紹介しています。近年信頼と実績を重ね、利用者の数は増えてきています。医師転職サイトは常勤案件を多く取り扱っていますが、一方でスポット案件に特化している会社も存在します。望みの条件を登録すればそれに則した案件を紹介してくれますし、副収入を得るには非常にいいツールとなっています。スポット案件を募集する企業側としても人材不足をカバーする手段として注目されており、今後成長・発展が期待できるサイトとなっています。

a0006_000859

また、医師であると高収入の一方で出費が多くなることがあります。
その場合は一時的にお金が足りなくなる場合もあります。
そのようなときはクレジットカードを現金化するという方法があります。
よい業者のもとで現金化をすれば、換金率が高くて生活が助かることを覚えておきましょう。

そして、医師が休日を過ごすのには旅行に行ってリフレッシュをすることが相応しいと思います。
旅行に出るためには高収入の医師であっても格安航空券を使って旅行に出るのがいいでしょう。
そのような格安航空券を扱っている業者は、検索をすることで選んでいくことができます。
よい業者を選んで格安の航空券を利用して空の旅を楽しんで下さい。

ゲームクリエイターが医療系のゲームを作ろうと考えたら、医師の方に綿密なリサーチをして、専門の学校で身につけた知識・スキルを活かして制作する必要がありますね。
ゲームクリエイターとは一概に言っても様々な能力を身につけなければなりませんので独学で全てを身につけることは難しく、専門の学校で覚えることがおすすめです。
今では日本のあらゆるところにゲームクリエイターになるための専門の学校がありますので、どこが自分に合っているかを吟味しながら選ぶといいでしょう。
ゲームクリエイターは一度仕事に必要な能力さえ身につけてしまえばどこでも通用するので、専門の学校でしっかり力をつけて、将来に備えておきましょう。

ゲームクリエイターの専門の学校とは