転職にゲームクリエイタースクールは必要か

computer-768608_960_720
今の仕事にやりがいを見いだせない……この先ずっと興味を持てない仕事を続けていくのか……じゃあ何が自分はやりたいんだろう?
この疑問が心に浮かんだとき「ゲームクリエイター」という言葉が浮かびませんでしたか?
ゲームクリエイターという職業は高い技術と豊富な知識が必要そうで、敷居が高そうに感じますよね。
しかし最近ではアプリのソーシャルゲームを制作する会社が増えてきて、ゲームクリエイターへの門扉が大きく開かれるようになってきたんです。
ゲームクリエイターと一言で言っても様々な職種があります。
一つ一つゲーム制作会社の求人ページを見ていくと「やる気があれば歓迎、初心者OK」と書かれているところも意外にあるんです。
ゲームクリエイターといっても様々な職種があります。
求人には経験者のみ応募可としているところもありますが、自分が制作した作品を持ち込むと面接などの対応をしてくれる会社も結構あるんです。
例えばゲーム内でキャラクターが話すセリフを考えるシナリオライターは、外注ライターになることはそんなに難しくありません。
外注ライターとして商業作品に携わったという実績があれば、ゲーム会社への就職もしやすくなります。
またゲームプログラマーの場合には「ゲームが好きなら誰でも大丈夫、すべて1から教えます」というスタンスで求人募集している会社も多いようです。
現在はゲーム業界が急成長している時期で慢性的な人手不足です。
ゲームに関わる仕事に就きたいなら今がねらい目と言えるかもしれません。
もし未経験で少しくらいは知識と技術を身に付けておきたい……という気持ちがあるのであればゲームクリエイター専門学校へ通ってみることをおすすめします。
ゲームクリエイター専門学校ではゲーム関わる仕事すべてを学べるので「ゲーム業界について何も知らない……どんな職業を目指したらいいかもわからない!」という方は体験入学でも良いので行ってみるといいかもしれません。
独学でゲームクリエイターになりヒット作を飛ばしている人もいますし、ゲームクリエイタースクールで基礎からきっちり学んで業界内で重宝されている人もいます。
入学する・しないは別としてゲーム業界とはどんな場所かということを知るために、資料請求などはしてみてもいいかもしれませんね。
ゲーム業界であなたが楽しく働けることを祈っています!
ゲームクリエイターと呼ばれる職種はどんなものがあるかを調べてみるのもおすすめします。

ゲームクリエイター専門学校であなただけのノウハウを手に入れる